FX自動売買注文で簡単取引を覚えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、FX初心者の方や仕事や子育てに忙しいサラリーマン、主婦の方々を中心に人気がでて話題になっている自動売買(システムトレード)。

なぜ人気があるのか?一般的な裁量取引との違いは?

ここではシステムトレードについて書いていきたいと思います。

①自動売買とは?

システムトレード(以後シストレ)とはFX取引を自動で決められた取引ルール通りにエントリーから決済、損切りまで行ってくれるという大変便利な取引方法です。

基本的には各FX会社が用意した自動売買用のプログラムを作動させるだけでプログラムに従って自動売買システムが24時間稼働してあなたの代わりにFXトレードを行ってくれます。

そんな自動売買を使いこなせれば、仕事中などにポジションを気にしてチャートを何度も確認する必要もなくなりますし、あなたが深夜寝ている間も自動で取引を繰り返しあなたの資産を運用してくれます。

②自動売買注文のメリットとデメリット

1、メリット

自動売買のメリットはなんといっても24時間完全自動で取引をしてくれるという点です。あなたが寝ている間も仕事しているときでも24時間365日取引のチャンスを逃すことなく正確に取引を繰り返してくれます。

もちろんプロの作ったストラテジーを使えばFX初心者であってもプロと同じトレードも可能です。

また裁量取引では人間である以上損切りができない等感情に取引が左右されてしまいますが自動売買では感情を一切なくした、正確なトレードができることもメリットです。

2、デメリット

自動売買のデメリットとして挙げられるのは予測不可能な相場の変動に対応できないことです。

突然のテロや災害による為替の変動に気づかずにそのまま、自動売買を稼働し続けるとポジションが思わぬ損失を出していたなんて可能性もありえるでしょう。

もう1つは、自動といってもストラテジーを選ぶのは人間です。

いくらバックテストでは優秀で損益率のいいストラテジーを選んでも自分の選ぶストラテジーの特性と今の為替相場がマッチしていないと収益はマイナスになる可能性もあります。

またストラテジーにも得意、不得意があり、トレンド相場が得意なものやレンジ相場が得意なもの様々な特性を持ったストラテジーがたくさんあります。

相場に合わせて適したストラテジーを選択していく能力も必要になってきます。

また裁量トレードに比べると取引手数料(スプレッド)が広いので取引コストは少しですが悪くなります。

③自動売買の種類

自動売買の種類は大きく分けると4種類あります。

1、プログラム型のシストレ

プログラム型のシストレは名前の通りパソコンにインストールしたFXソフトに自分でプログラムを組み自分の戦略通りに自動売買をさせることができます。

他の自動売買と違い自分のトレードを確立している人などはそのトレードをプログラムに組み込んでその通りにFX取引させることができますが、まず前提に自分の取引戦略(FX取引)を確立できる経験とプログラミングの知識が必要になってくるので、FX初心者には少しハードルが高いといえます。

またメタトレーダーなどのプログラム型でのシストレにおいては24時間稼働させるためにパソコンの電源をつけたままにして置く必要があり、地震や停電したときには取引が止まってしまうのでVPSサーバーなど有料の安全なサーバーを使ってFX自動売買をおこなっている人が多いようです。

どちらにしても取引環境の用意やプログラムの知識などFX上級者向けのシストレと言えるでしょう。

2、選択型のシストレ

選択型のシストレは、トレーダーが各FX業者の用意してあるプログラム(ストラテジー)を選んでそのプログラム通りに自動売買をしてもらうタイプのシストレになります。

有名なところでいえばインヴァスト証券のシストレ24やミラートレードなんかが選択型のシストレになります。

プログラム型のシストレとは違い、FXの知識がなくてもプロが考えた取引ができてしまうのでFX初心者がFX口座を開設するのであればおすすめのシストレです。

簡単にFX自動売買ができる反面、ストラテジーの改良はできないのでプログラム型に比べると自由度は低いといえます。

3、設定型のシストレ

選択型のシストレのデメリットであるストラテジーを自分で改良できないことを克服した機能を持つ商品です。

しかし改良するためのFXの知識が必要になります。

4、自動発注機能型のシストレ

今注目されているタイプのシストレです。

IFD(イフダン)RIFD(リピートイフダン)トラップリピートイフダンiサイクル注文などのオリジナルのFX取引方法をつかいます。

外為オンラインのiサイクル注文、マネースクウェア・ジャパンのトラップリピートイフダンがそれにあたります。

④ストラテジーの選び方

ストラテジーが多くて選べないというトレーダーの方も多いと思います。

ひまわり証券のエコトレFXで100種類以上、セントラル短資FXのセントラルミラートレーダーで300種類以上、インヴァスト証券のシストレ24に至ってはなんと8000種類以上あります。

この全てを確認するなんて到底できませんよね。ここでは、ストラテジーを選ぶうえでの基準になる項目を書いていきます。

1、損益が上昇している

これは当たり前ですが損益グラフが上昇していないと資産は増えません。

できればなるべく長期で安定して右肩上がりになっているものが好ましいです。

損益が増えてしまう傾向にあるものはもちろん、ジグザグで利益が安定しないものは選択肢から外して行きましょう。

2、最大ドローダウンに注意

最大ドローダウンが更新されているのであれば要注意です。

最大ドローダウンが更新されているストラテジーは今までよりも負けの幅を更新していることになっていて、それは今のチャートには適していないということになります。

こちらもなるべく長い期間で更新してないものが好ましいでしょう。

3、損益率損益率は利益の平均を損失の平均で割ったものです。

FXで資金管理ができている人はこの数字を気にします。なるべく数字の大きいものを選ぶようにしましょう。

4、最大利益は最大損益よりも大きいか?

最大損失が最大利益よりも大きいストラテジーはFXではあるあるのコツコツドカンを誘発しやすいものの可能性があります。

あくまでも可能性ですがリスクはなるべく取りのぞいておくのが無難でしょう。

FX自動売買ではなるべくリスクは避けて安定しているストラテジーがおすすめです。

またプロが作ったストラテジーだからといって万能ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*