米中貿易摩擦による為替への影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近テレビのニュースや新聞等をお騒がせしているアメリカ、中国間の貿易摩擦、米中貿易摩擦をご存知でしょうか?

米中貿易戦争とも言われていますが中国のメディア等は「開戦」という2文字で表現していることもあってまさに今後を大きく左右する戦争です。

ここでは、米中貿易戦争についてと為替にどんな影響を及ぼすのかを書いていきたいと思います。

そもそも米中貿易戦争とは?

そもそも米中貿易摩擦は何故起こってしまったのか?

それは長い間アメリカが苦しまされていた貿易赤字、中でも中国間との赤字がアメリカの貿易赤字全体の47%を占めています。

アメリカンファーストを掲げているドナルド・トランプ政権としては、この中国間での貿易赤字を如何に解消するのかは就任当初から問題視されていました。

こういった状況を打ち破るべく3月22日トランプ政権は知的財産の侵害を理由に制裁措置として中国製品に600億ドル相当(日本円で約6,3兆円)の関税を課すことを決定しました。

また、よく23日に、鉄鋼、アルミ製品の追加関税の引き上げも決定させます。

このアメリカ側の措置を受けて当然中国側は反発し米国産品の輸入に対し30億ドル相当(日本円で約3,100億円)分の報復関税を課すことを発表しました。

米中貿易戦争の開戦です。

さて関税を課すとは?と思った方もいると思いますが、関税というのは外国からの輸入してくる貨物(輸入品)に課す国家が決めた税のことです。

今回のことに関していえば中国(輸出国)の貨物の税金をアメリカ(輸入国)が値上げしたと考えてください。

それにより自国の産業を守れるといったメリットもありますが、国民(消費者)からすれば商品の価格が上がるということに繋がりますので支出が増加し景気の悪化という可能性もでてきます。

また米中貿易摩擦の激化懸念されておりこのまま貿易戦争に歯止めがかからなければアメリカ、中国の両国ともに経済活動に影響し世界経済を引率する2ヵ国の景気の下落は世界的な不況をも起こしてしまう可能性もありえます。

またこういった外交政策には政治的な裏の意図があると考える人も多く、今回のことで言えば、北朝鮮リスクや対ロシアの関係などの交渉材料の1つになるというアメリカ側の仕掛けにすぎないとも考えられます。

また米中貿易摩擦の深刻化を懸念して米国株式市場は大幅安、その影響で日経平均も今年2番目の下げ幅になるなど世界的に株安になる、まさに世界中がドナルド・トランプ大統領の通商政策に注目しています。

米中貿易戦争の結末を予測してみよう

FXでファンダメンタルズ分析をしていくうえで予測というものは非常に大切です。

もちろんあくまで予測なので考えが外れ思った動きと違う動きをすることもあります。

ですが天気予報で雨が降る可能性があるならその日は傘を持っていきますよね。

FXでもこういった為替相場に影響を与えうる情報があったときはロット数を減らす、損切を早めるなどのリスク管理をするうえで大事です。

このままアメリカと中国が「関税を上げる」「報復措置をとる」を繰り返して米中貿易戦争が激化していけばどうなるのかを予測していきましょう。

貿易戦争が続くことで互いの景気が悪くなり耐え切れなくなった国が何等かの不利な条件を突き付けられ貿易戦争は終結に向かっていくのではないでしょうか。

また互いに景気の低下を懸念して会談等での話し合いの結果両国が納得する落としどころを見つけ解決することも考えられますがいずれにしてもアメリカ側が有利だと考えられます。

理由としては、アメリカ側の輸入は中国の輸出に頼る必要がありません。

もちろん中国からの低価格の輸入品がなければ多少なりともコストは増えますが中国以外からの輸入でもいい話です。

逆に中国側はこれまで、対アメリカ貿易では、多額の黒字が出ていたわけでそのアメリカ貿易が輸入をしてくれなくなると大幅な黒字減が見込まれます。

経済成長が鈍化の傾向にある中国としてはアメリカとの貿易関係の悪化は避けたい問題のはずです。

以上のことから、米中貿易戦争はアメリカに有利な形で終結する可能性が大きいのではと考えられます。

為替への影響

「そもそも米中貿易戦争とは?」でも少し触れましたが、このまま貿易戦争が続くことで世界的な不況をもたらす可能性も考えられます。

そのような経済危機に陥った場合は、株式市場は安全資産とも言われている日本円が買われる傾向が多く円高になる可能性があります。

また先ほどの予測のようにアメリカ側に有利な条件が締結すればドル高傾向になる可能あります。その逆もまたしかりです。

中国貿易に対する赤字を払拭しようとするアメリカとそれに報復する中国。

どちらが勝っても為替相場を揺るがす1つの大きな材料になることに違いないでしょう。

どちらが勝つにしろまだしばらくの間、米中貿易戦争は続くと思います。

この貿易戦争が終結するまでは、両国の政策によっては日本が巻き込まれることも十分考えられますし、その政策如何では為替相場が混乱し予測不可能な動きをみせることもあるかもしれません。

どんな状況においてもあなたの資金を守れるのはあなた自身しかいないのです。

ですから為替相場が混乱しても冷静に状況判断して落ち着いてトレードしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*