FXチャートを読む力をつけよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではFXのチャートについて詳しく説明していきます。

FXで勝つためには「トレンド(為替相場の方向性)」という波をみる必要があります。

今現在上昇トレンドなのか?下降トレンドなのか?それともレンジ相場(上にも下にも方向感がない相場)なのかを見極めて取引していくというのが基本になってきます。

チャートにはいろいろな情報が隠れているのでそれを見つけ出し今後の予想に役立てるようになりましょう。

そのためにもチャートをしっかり読めるように理解しておきましょう。

そもそもチャートとは?

FXにおけるチャートとは過去の相場の値動きをグラフに表したもので投資家の方々はチャートと見ながら売買のタイミングを計っています。

横が時間軸、縦が値動きを表し、値動きはローソク足といわれるもので表現してあります。

またチャートの時間軸を設定できるようになっており1分足、5分足~1時間足、日足、月足まで設定できます。

1分足だと1分間の値動きが1本のローソクに、1時間だと1時間の値動きが1本のローソクに・・・というように表させます。

ローソク足はその設定した時間の中での値動きを表しており四角になっている部分を実体(胴体)その実体から出ているローソクの芯のような線をヒゲと呼びます。

実体はその時間の始値、終値を表しヒゲは高値、安値を表しています。

始値より終値が高いローソク足を陽線、逆に始値より終値が低いローソク足を陰線といいます。

このローソク足が集まってトレンド(為替相場の方向性)を作っています。

ローソク足の見方

ローソク足はその形をみることで為替相場の状況を見ることができます。

実体に長い陽線は大陽線と言って強い買いのサインになります。

反対に実体の長い陰線は大陰線と言って強い売りのサインとなります。

さらに大陽線(大陰線)の中でもヒゲが全くない形になると陽の丸坊主(陰線の場合は陰の丸坊主)と言ってもっと強い買い(売り)サインになります。

そして上ヒゲが長く伸びている陽線を上影陽線、陰線ならば上影陰線と言い共に売りのサインです。

もう反対に下に長いヒゲが伸びていると陽線ならば下影陽線、陰線ならば下影陰線で買いのサインになります。

また実体が短く上下からヒゲが伸びているコマのような形をしているローソク足は陽線なら小陽線、陰線であれば小陰線と呼ばれ様子見のサインになります。

実体がなく下ヒゲが伸びてローマ字の「T」のような形はトンボと呼ばれ買いのサイン、その「T」をひっくり返した形のローソク足はトウバと言って売りのシグナルです。

最後に「+」の形をしたもの、十字線と呼び、相場の流れが変わるサインとなっており要注意です。

相場が上昇傾向の場合は下降するサイン下降傾向の場合は上昇サインになります。

ローソク足だけでもチャートは色々な情報を持っています。

もちろんこれだけでトレードして勝っていくことは難しいですがFXはチャートに隠れている情報を1つでも多く集めて取引を有利に進めていくことが大事だと思います。

しっかり覚えて活かしてください。

ローソク足の見極め方が良く分かるサイトです。

天底を見極める!「ローソク足」の必修チャートパターン9つ

2つの分析方法

FXにはまだまだ未来の値段を予測するための分析方法があります。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析です。

ファンダメンタルズ分析は相場を動かす要因から分析する方法です。

FXでは金融政策や経済指標や要人発言など経済を動かす可能性のある発表やニュースから今後の値動きを予想する方法がファンダメンタルズ分析です。

メリットとしては、

1、重要な発表があるときに事前に準備ができることです。

重要な発表(金融政策や経済指標等)があるときは値幅が大きく動きやすいです。

その時にその発表の内容が自分の取引している通貨にどのような影響があるのかを予測して準備することができます。

2、中長期の展望を予測しやすい。

ニュースによってはその国の通貨の安定や不安定が読みやすくなるので、漠然とですがその通貨の上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを読みやすくなります。

3、危険を回避しやすくなる。

経済状況等から取引している通貨が不安定ならばその通貨の取引をやめて様子をみる等の選択肢ができるというのも利点の1つです。

デメリットとしては、

情報が入るまでに時間差ができる。

世界各国の情報をリアルタイムで知るすべがないのでほとんどがすでに相場が動いた後から情報が入ってくる。

1、入ってくる情報を見極める必要がある

要人発言、発表が発信をしている記者、ライターさんまたは通訳の表現の仕方など記事次第で良くも悪くもとれるのでそれを正確に判断する必要があります。

いつ取り引きすればいいのかが判断しづらい

具体的な情報が入ってもどこでトレードするのかはファンダメンタルだけでは判断するのは難しく値動きが予想できていてもトレードするタイミングを逃してしまいます。

テクニカル分析はとは過去のチャートの値動きやパターンなどを分析して今後の値動きを予測していく手法です。

テクニカル分析には色々なツールがあり大きく分けてトレンドを見極めるトレンド系(ボリンジャーンド、一目均衝表など)と買われ過ぎや売られ過ぎといった判断をする基準になるオシレーター系(RSI、ストキャスティクスなど)があります。

◆メリットとしては

1.値動きを視覚的にとらえることができる

テクニカルの取引ツールにもよりますがチャート上でトレンドや買い売りのシグナルがでるものがほとんどなのでチャートを見るだけで判断しやすくなります。

2.チャートにすべてがある

他の情報がなくてもチャート上の分析だけで予測することが可能

3.経済の知識がなくても分析できる

テクニカルのツールの読み方、使い方を覚えるだけで難しい知識がなくてもチャートから予測することができます。

◆デメリットとしては

必ずしも過去の値動きと一致するわけではない

為替相場は生き物といわれるくらいなので。もちろんテクニカルが通じないこともあります。

1.突発的な値動きに対応できない

突発的なニュース等による予想買いの値動きには正確に反応しなくなることがほとんどです。

2.実際の値動きには少しずれがある

売買シグナルと実際の値動きには若干の遅れがあります。

投資家の方によりますがタイプの違う2~3種類のテクニカルを併用して予想の精度を上げていくというのが一般的だと思います。

それぞれにメリット、デメリットがありますのでそれを理解した上で値動きを予測していくことが大切になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*