FXで注意すべきロスカットとレバレッジについて把握しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXを始める上で一番心配していることはずばり資産が減ってしまわないか?ということじゃないでしょうか。

自己資産が残っていればまた挑戦することができますが、なくなってしまうとそこで終わりです。

そもそも資産を増やすために始めたFXで資産がなくなるのでは意味がありません。

そうならない為にもここでは資金を守るための資金管理を覚えておきましょう。

ロスカットについて

ロスカットとはあなたが所有しているポジションの維持率がFX業者毎に決められた数値を下回った場合に強制的にポジションを決済されてしまうシステムのことです。

難しく書いてありますが簡単に言い直すとあなたの持つポジションのマイナス(損益)が口座に用意してある資金より下回るほど大きくなりそうなので強制的にポジションを決済されてしまうというものです。もちろん損益は残ります。

FX業者は投資家の資金を守るためにロスカットを行うのですが投資家にとってはロスカット=負けを意味します。

少し難しいですが大切なことなのでしっかり覚えてください。まずポジションの維持率ですがFX用語で証拠金維持率と呼びます。

たいていのFX業者は取引ツール等で証拠金維持率は表示されますので大丈夫だとは思いますが計算式は、証拠金維持率=有効評価額(口座にある資金+ポジションの損益)÷必要証拠金(ポジションをもつ為に最低限必要な資金)×100%です

また必要証拠金は各FX業者、通貨ごとに違いますので各自確認しておいてください。

この証拠金維持率を各取引会社が定めた基準値(日本の業者は25%~100%)を下回った場合にロスカットされてしまいます。

また維持率が100%を下回った場合は足りない資金(追加証拠金)をFX業者が定めた期日までに補填しなければ同じくロスカットの対象になってしまいます。

この補填することを追証といいます。

追証であれば追証金を入金すればまだ助かりますがロスカットと同じく繰り返し発生しているようでは資金管理が甘くいずれ資金がつきてしまうでしょう。

いずれにしてもロスカット、追証を防ぐためには資金に余裕を持つために取引数量を少なくすることが大切です。

損失をコントロールする「ロスカットタイミング」4つのポイントは?

レバレッジについて

「覚えておきたい基礎知識」でも少しふれましたが少ない投資金で取引量を大きくできるシステムのことでロスカットを勉強している人は気づいていると思いますが諸刃の剣です。

FXでは現物取引(実際に家にアメリカドルが届くような形)ではなく、レバレッジ(差金決済)取引といって外国為替証拠金取引を行うとき、必要証拠金を担保としてレバレッジ(てこ)を掛け投資金以上の金額でFX取引ができます。

国内FX業者のレバレッジは25倍までとなっていますがFXを知らない初心者の方たちは「大きく儲けよう」とか「負けを取り戻そう」など考えギリギリのロットまで取引してしまいロスカットにあうなんてパターンをよく耳にします。

どうしても大金をかけた取引がしたいギャンブラーの方は海外FX業者であれば888倍のレバレッジなんて業者もありますが当たり前ですが為替相場の一瞬の変動でロスカットにかかって資金がなくなる可能性がありますので決してお勧めはしません。

レバレッジ888倍の業者紹介

XMTrading

資金管理を考えてトレードしよう

プロの投資家でも勝率100%で勝ち続けている人なんてまずいません。

プロでも負けています。

しかし資金管理がしっかりしていればFX取引での勝率が悪くてもトータルでは利益が上がっていることができているはずです。

プロの投資家の人は様々な方法で資金管理をして自分の資金を守っています。

わたしが資金管理するうえで大切だと思っているのは勝率と損益率です。勝率というのはそのままですが勝った回数÷取引回数です。

勝率を上げることはとても難しく勉強してチャートを読む力をつけることや、トレード日誌をつけて自分のトレードで勝ちやすいパターンと負けやすいパターンを区別して不要なトレードをなくすなど簡単には上がることはできません。

余談になりますが、FXは基本2択(買うか売る)だと思っている人が多いと思いますが「取引しない(待つ)」という選択肢を入れることで勝率を上げることもあります。

私も始めた頃はそうでしたがついついポジションを持ちたくなります。

一部の投資家のあいだではポジポジ病と呼ばれています。

FXでは為替相場が予測できるときだけ取引して余計な取引を減らして勝率を向上させてください。

勝率も大切ですが意識してほしいのは損益率です。計算式は損益率=利益の平均÷損失の平均になります。

損益率を上げるためには利益を上げるか、損益を下げるかの2つになります。

FX初心者の方は利益を伸ばす努力はしますが損益を下げることはしていない方がほとんどです。

ですが損益を下げるのはいたって簡単で損切のタイミングを早くするだけでできます。

「もう少し待てば上がるかもしれない」なんて甘い考えで損切ができなくてズルズルと損益が膨らんでいくっていうのはFX初心者あるあるです。

勝率と利益率を意識すればおのずとFXでの利益が増えます。その為にもトレード日誌をつけて自分のトレードを見直していきましょう。

それが負けない為の私の資産管理です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*