知っておかないと損するFXの確定申告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXを始めるにあたって知っておかないといけないことがあります。
確定申告です。そもそも確定申告とは?と思う方もおられるでしょう。
確定申告とは1月1日~12月31日までの収入金額を計算して必要書類をそろえて翌年の2月16日~3月15日(土日の場合は翌月曜日)までに税務署に申告、納税を行うことのことをいいます。
まずはじめに言っておきますが申告漏れ、所得隠し、脱税は犯罪です。収入をごまかし、それにより税金をごまかそうというものです。悪質の場合には国税庁が告発、検察庁の捜査がはいります。もちろん罰則もあります。
これを読んでいるみなさんは犯罪者にならないよう確定申告をきっちり行ってください。
話を戻しますがFXにおいても金融商品(ここでは外国為替証拠金取引)で得た雑所得は取引所FX(FX業者が仲介役をして実際の取引は取引所で行う取引)でも店頭FX(FX業者と投資家が直接取引)でもどちらで取引している場合でも給与所得等の他の収入と合算して出た額に応じて税率が出ます。
サラリーマン等の会社員の方なんかは先に源泉徴収票で税金を払っていますね。
年末調整で先に医療費控除等のように控除を済ましているため確定申告と無縁だったと思いますが、年末調整でできない控除を受けるためにも確定申告を行うことで納め過ぎた税金を返してもらうこともできますのでFXを始めるのであれば必要不可欠になってきます。
初めの1回は難しいかもしれませんが慣れてくれば簡単なのでここできっちり覚えておきましょう。

確定申告の条件

まずここでは確定申告が必要になってくる人の条件の代表的な例を説明していきたいと思います。

・会社員(給与所得者)の場合はFXでの利益が年間20万円以上の方

・主婦や学生、フリーターの場合はFXでの利益が年間38万円以上の方

・年金で生活している方(公的年金等の収入が400万円以下)の場合はFXでの利益が年間20万円以上の方

以上に該当する方は課税対象になります。
(あくまで代表的な例ですので当てはまらない方でも、他の決められた種類の所得とFXで得た所得の合計額が一定以上を超えていれば確定申告が必要になってくる場合があります)

そして年間損益がマイナスになってしまった方も確定申告が必要になります。

3年間の繰り越し控除というものがあり3年後までの確定申告の間に出た利益に対してあらかじめ申告している損益があるならばその損益を向こう3年間で出た利益とで相殺することができます。

そのため、負けている方は来年以降で利益が出るときのことを考えめんどうくさがらずに確定申告を行ったほうが良いということも覚えておいてください。

またFX以外の金融商品(商品先物に関わる雑所得等に区分される金融商品)例えるなら商品先物取引やバイナリーオプション、CDF、TOPIX先物、日経225先物等を行っている方は通算取引といって一定期間内で出た利益と損益を合計しトータルで利益がでているのか損益になってしまったのかを計算することができます。
(株式等は所得区分が異なるためその限りではありません)

FXで損益が出てしまった方も他の雑所得(FXと同じ区分)によって利益が出たのであれば確定申告で損益通算を行ったほうがいいです。

余談ですがNISA(ニーサ)という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。

NISAとは少額投資非課税制度のことで資金を運用しそれによって得た利益、配当金に対して一定額までを非課税にするという制度のことです。

しかしながらNISAの対象は株式、投資信託等ですのでFXは対象から外れていますのでご注意ください。

NISAについては金融庁も説明していますので以下のサイトをご覧ください。

NISAとは?(金融庁ホームページ)

いざ確定申告をしてみよう

まず自分のFXトレードしてきた合計損益を確認しましょう。

準備するものは年間損益報告書です。1年間のあなたのトレードしてきた利益、損益の合計でどれだけの利益、損益がでたのかを確認することができます。

自分の口座があるFX業者や証券会社が発行してくれます。

年間損益報告書が準備できましたら国税庁のホームページから確定申告書の書類をダウンロードして印刷して記入、また確定申告書等の作成コーナーという(WEB上で必要項目を記入していくコンテンツ)もありますのでそれを進めていってください。

電子申告(e-Tax)というのもあり便利ですので使えるものは使っていきましょう。

ちなみに基本的には個人口座の場合は評価損益(未決済のポジション)やスワップポイントは課税対象ではありません。

(法人口座はこのかぎりではない)

また未決済ポジションについているスワップポイントについては各FX業者、証券会社により税制上扱いが違いますので確定申告の対象になったり対象外になったりと異なりますので各自確認して行ってください。

最後に確定申告の金額を算出するときですが取引手数料やセミナーの参加費用等が必要経費として差し引きすることもできます。(税務署の判断によって扱いが異なることもありますので各税務署に確認してみてください)

最後になりますがもう一度いいます申告漏れ、所得隠し、脱税には罰則があります。

くれぐれも気をつけて楽しいFX生活になるよう確定申告はしっかりとやっておきましょう。

こちらに確定申告の事が詳しく書いてあります。

FXの税金・確定申告について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*