覚えておきたいFX知識 ~基礎から応用まで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXをこれから始める投資家の方はまず負けないように色々勉強をしていくと思いますが、ここではそれを行うにあたって最低限知っておかないといけない基礎から覚えておくと便利な応用までの用語を説明していきたいとおもいます。

そもそもFXとは?

FXとはForeign Exchangeの略で外国為替証拠金取引または外国為替保証金取引のことです。
世界には様々な通貨があります。ドル、ユーロ、ポンド、フラン・・・我らが日本は円だったり。
その色々な通貨を売り買いして(FXではトレードといいます)差益を得るというものです。
色々難しく書いてありますが、せどりや転売といったものを想像していただけるとわかりやすいと思います。
例えば100円で仕入れた商品をネット通販等で110円で売ったとします。
110円-100円=10円の利益が出ます。
逆に100円で仕入れた商品の価値が下がり10%OFFの90円でしか売れなくなってしまったとしましょう。
90円-100円=-10円の損益が出ます。
もちろん投資というものなのでリスクもあります。
基本的にはFXも同じです。1ドルを100円で買って110円で売って儲けよう!
というのがFXです。
またこの場合アメリカドルと日本円の組み合わせでの取引なので通貨ペアはドル円で取引したといいます。
通貨ペアは証券会社によって様々です。たくさんあり過ぎてわからないという方はドル円から始めることをお薦めします。
理由は日本ではアメリカのニュースが得やすいからです。

FXの特性

先ほどせどりや転売のようと例えましたが、FXには決定的な違いがあります。
1つ目はFXでは、売りから入って買い戻すことができます。
今までは、分かりやすいように取引価格の安いところでドルを買って高い値段で売って利益を得ると説明してきたのですが、その逆で取引価格の高いところでドルを売って安くなったときに買いで決済して利益を得るということも可能なのです。
簡単に説明しますとFXは相対取引といって1対1で取引されていて、あなたがドルを売るということはそのドルには買い手がいて初めて成立します。
要するにFX業者と投資家との相対取引が成立しているので売りから入って買いで決済というものが可能になっています。
ちなみにFXの世界では通貨を買っているまたは売っている状態のことをポジションを持つと表現します。
例 「ドル円の買いポジションを持つ」「ユーロドルの売りポジションを決済した」のように使います。
2つ目はレバレッジというものです。レバレッジは「てこの原理」という意味なのですが。
少ない証拠金(取引する為に口座に入れてある担保のような資金)
で大きな取引ができるシステムのことです。
日本の証券会社では25倍まで認められており、10万円の自己資金で始める人なら250万円分までの取引量にふやせることができます。ちなみに海外の証券会社では888倍というところまでありますが、これは利益が大きくなるという反面、負けた時の損失も大きくなるという諸刃の剣です。
レバレッジが高すぎると必要証拠金(通貨をトレードするための最低限口座にないといけない自己資金)を割ってロスカット(強制決済)なんてこともしばしばです。
3つ目はスワップポイントを利用したスワップ取引です。
様々な通貨にある金利の差額を毎日持っているだけで頂いちゃおうという取引です。
低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買っている場合にその金利差を取引日に応じてもらえることができます。
逆に高金利の通貨を売って低金利の通貨を買っている場合はその金利差分が取引日に応じて引かれてしまいます。
特に日本円は金利が低いので、円を売って他の通貨を買う場合にスワップポイントが付与されやすいです。

通貨の価値が変動する理由

相場やレートと言われている通貨の価値は日々変動します。
それには色々な要因があります。
難しく言うと世界経済の方向性だったり、国の金融政策だったり等々・・・きりがありません。
簡単に言ってしまえば、ある商品にプレミアがついたりワゴンセールに並んだりするのと一緒です。
その通貨の価値が高くても欲しい通貨であれば世界中の投資家の人たちはどんどん買います。
するとその通貨の価は上がります。
逆にその通貨の魅力がなくなってしまうと世界中の投資家の人たちは売ってしまい通貨の価値が下がります。
その投資家の方々の判断基準が金融政策だったりします。

応用編

ここでは、実際のトレードで使える方法や知識を紹介していきたいと思います。
まずFXを始めるにあたってあなたが決めないといけないのは、あなたの生活スタイルに合わせたトレード方法を決めることです。トレードスタイルには大きく分けて4種類あります。
1つ目はスキャルピングです。スキャルピングは数十秒~数分の間にトレードしてコツコツ利益をとるトレード方法です。
2つ目はデイトレードといってスキャルピングより長くポジションを保有しますが1日のうちに決済するトレード方法です。
3つ目はスイングトレードといってデイトレードよりもさらにポジションを長く保有する方法です。
4つ目は長期トレードです。半年~数年ポジションを保有して大きな利益を狙うトレード方法です。
どのトレードも長所もあれば短所もあります。あなたの生活や仕事に合わせてどの程度の取引をするのか考えて決めましょう。
トレードスタイルが決まったらあなたが取引するFX業者をえらんでいきましょう。

FX業者の選択基準は

取引したい通貨ペアを取り扱っているのか?
その通貨のスプレッド(FX業者にトレードごとにとられる手数料のようなもの)は低いのか?
長期保有を考えているならスワップポイントの高さも重要になってきます。
トレードツールは使いやすいのか?など自分に合ったFX業者を決めていきましょう。
FX業者が決まり口座を開設したらあなたは投資家としての人生のスタートラインに立ちました。
次の項からより詳しく説明していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*